さかき

ツバキ科の常緑高木。神社の境内などに植えられ、枝葉は神事に用いられる。

榊の由来・語源

古くは常緑樹の総称で、特に神事に用いる木を指していった。
神のいる聖域との境を示す木であることから「境木(さかき)」の意とする説や、栄える木の意とする説もある。
「榊」は国字。
カテゴリ:自然