さくら

バラ科の落葉高木。日本の代表的な花として、古来、広く親しまれている。花は春に咲き、淡紅色・白色など。種類も多く、園芸品種も多い。現在多く植えられているのはソメイヨシノ。

桜の由来・語源

語源には諸説あるが、「咲く」に接尾語の「ら」がついたとする説が有力とされる。

ほかに、桜の霊である木花咲耶姫(このはなさくやひめ)から「さくら」に転じたとする説や、麗しく咲くことから「咲麗(さきうら)」の略とする説、さらには、「さ」はさがみ(田神)からで穀霊、「くら」は神のよりつく座(くら)で、桜は穀霊のよりつく座の意とする説もある。
古人は桜の花の咲き具合からその年の稲の豊凶を占ったといい、また、桜を農作業の目安にする風習は今なお残っている。

桜に関連する言葉

カテゴリ:自然