柴漬け しばづけ

ナス・キュウリ・ミョウガなどを刻み、赤ジソとともに塩漬けにした漬物。

柴漬けの由来・語源

もともとは「紫蘇(しそ)漬け」といっていたものが、略されて「しば漬け」となったとされる。京都の大原で作られ、大原女(おおはらめ)が柴とともに町中を売って歩いたことから「柴漬け」と書くようになった。
カテゴリ:食べ物