染井吉野 そめいよしの

バラ科の落葉高木。エドヒガンとオオシマザクラの交雑種。公園木や街路樹などとして多く植えられるサクラ。

染井吉野の由来・語源

江戸末期から明治初期に、江戸の染井村(現在の東京都豊島区駒込)の植木屋によって育成された。初めはヨシノザクラと呼ばれ、広まったが、吉野山の桜はヤマザクラなので、誤解を避けるために、染井村の名を取り「ソメイヨシノ」と改名された。

染井吉野に関連する言葉

カテゴリ:自然