板に付く いたにつく

服装や態度、職業などが、その人にふさわしくなじんでいること。

板に付くの由来・語源

「板」とは、板張りの舞台のこと。本来は、役者が経験を積んで、芸が舞台にしっくりなじむようになることをいう。それから転じて、経験を積んで、動作や態度が地位・職業などにしっくり合う意味になった。
カテゴリ:人間