村八分 むらはちぶ

仲間はずれ。疎外すること。

村八分の由来・語源

もとは、江戸時代に、村のおきてを破った者とその家族に対して村全体で行われた私的制裁。
「八分」とは、10のしきたり(冠、婚、葬、建築、病気、火事、水害、旅行、出産、年忌)のうち、葬式と火事を除いて、それ以外の交際を絶つことからいう。

村八分に関連する言葉

カテゴリ:社会