曼荼羅 まんだら

仏教(特に密教)において、仏の悟りの世界、聖域、世界観などを仏像、シンボル、文字、神々などを用いて視覚的・象徴的に表したもの。「曼陀羅」とも書く。

曼荼羅の由来・語源

サンスクリット語maṇḍalaの音を漢字で表したもの(音訳)で、漢字自体には意味はない。maṇḍalaは、形容詞で「丸い」という意味があり、円は完全・円満などの意味があることから、これが語源とされる。
サンスクリット語 古代から中世にかけて、インド亜大陸や東南アジアにおいて用いられていた言語。古代インドの標準文章。梵語(ぼんご)。
カテゴリ:文化