書き入れ時 かきいれどき

商売が繁盛して忙しい時のこと。

書き入れ時の由来・語源

江戸時代から用いられる言葉で、当時は金銭の収支や物品の出し入れを手書きで帳面につけており、繁盛すれば帳簿に書き入れする回数が増えることからいうもの。

書き入れ時に関連する言葉

カテゴリ:社会