斟酌 しんしゃく

相手の事情や心情をくみとること。事情を考慮して手加減すること。また、あれこれ照らし合わせて取捨すること。

斟酌の由来・語源

「斟」は分量を探りながら汲むの意、「酌」はひしゃくで汲み出すの意で、すなわち「斟酌」は、杯の分量をはかって酒や水を酌みわけることが原義。
古くは、ほどよく行うの意から転じて、控え目にすること、遠慮の意でも用いられた。現在では、「相手の立場を斟酌する」「斟酌を加える」などのように用いる。
カテゴリ:社会