挙句の果て あげくのはて

最後の最後には。とどのつまり。

挙句の果ての由来・語源

「挙句」とは、五・七・五・七・七句で構成される短歌合作、あるいは五・七・五の長句と七・七の短句を連ねていく長連歌などの連歌で、最後の「七・七」の句のことを指す――ちなみに最初の句は「発句(ほっく)」と呼ぶ。このことから転じて、結局・とどのつまり・ついになどの意で、「挙げ句の果て」というようになった。
カテゴリ:文化