手紙

【読み方】てがみ

手紙の意味

用事などを記して、人に送る文書。書簡。書状。また、封書の郵便物。

手紙の由来・語源

「手紙」とは、本来は手元において使う紙、半切り紙のこと。書簡の意で用いられるようになったのは江戸時代からとされる。
語源については諸説あり、「手簡」を「しゅかん」ではなく「てかん」と読んでしまい、それが訛ったものとする説や、手元におく紙だからとする説、文字を書くことを「」といったために、「書く紙」の意で「手紙」となった説などがある。
カテゴリ:社会

手紙に関連する言葉