所詮 しょせん

結局。つまるところ。多く下に否定的な意味の語句を伴って用いる。

所詮の由来・語源

「詮ずる所」を訓読した語で、結局のところ、色々と考えをめぐらしたところのものを意味する。
本来は仏教用語で、経文の文句によって表される理(ことわり)をいうもの。
カテゴリ:様相