懐石 かいせき

茶の湯で、茶をもてなす前に出す簡単な料理。

懐石の由来・語源

もとは修行僧が空腹をまぎらわすために懐に抱いた温石(おんじゃく)のこと。
温石は石を火で暖め、布で包んだもので、それで腹を温めるのと同じ程度に腹の中を温める軽い食事という意味。
のちに、料亭や料理屋などでこの形式が取り入れられ、茶懐石と区別して「懐石料理」というようになった。

懐石に関連する言葉

カテゴリ:食べ物