御辞儀草 おじぎそう

マメ科の多年草。ブラジルの原産で、日本には江戸末期に渡来。観賞用に一年草として栽培される。ねむりぐさ。

御辞儀草の由来・語源

接触や振動などの刺激を受けると、葉を閉じて垂れ下がるところからこの名がついた。また、夜になると葉を閉じることから、「眠り草」ともいう。
なお、「含羞草」とも書くのは、そのような閉葉運動を、恥ずかしがっている動作に見立てたことにちなむ。

御辞儀草に関連する言葉

カテゴリ:自然