御幣担ぎ ごへいかつぎ

縁起や迷信をことさら気にすること。また、そういう人。

御幣担ぎの由来・語源

「御幣」は「御幣帛(はく)」の略で、神前に捧げたり、神主がお祓いをするときに用いる神祭道具のこと。御幣を担いで、不吉なものを祓うことからたとえていうもの。
カテゴリ:文化