後生大事 ごしょうだいじ

非常に物を大切にすること。そのことを揶揄して用いることが多い。

後生大事の由来・語源

もとは仏教の語で、「後生」は、後世・来世・のちの世のこと。現在の生を「今生(こんじょう)」というのに対して、死後ふたたび生まれることをいう。
「後生大事」とは、来世の安楽を最も大切に考え、それを一途に願うこと。後生の安楽を願う心から、今生を大事に思って一生懸命つとめるの意が生じた。
カテゴリ:四字熟語