座敷 ざしき

畳を敷き詰めた部屋。特に、客間をいう。

座敷の由来・語源

古くは家の床は板張りで、客が来たときには、藁(わら)やイグサで作った円座などを敷いて座る場所とした。座を敷いたところ、座席の意味で「座敷」と呼ぶようになり、畳を敷いた部屋をいうようになったのは室町時代になってからとされる。
カテゴリ:生活