帳消し ちょうけし

お互いに差し引いて、損得を無しにすること。

帳消しの由来・語源

もとは、帳簿の金の貸し借りなどの記載について、完済してその事実がなくなったとき、棒線を引いて消すことをいった。そこから、債務や義務がなくなること、さらには金銭関係以外の損得のついても用いられるようになった。

同類の言葉に「棒引き」があるが、これは帳簿の記載事項に棒線を引いて消すことから、金銭の貸し借りや支払いの義務などを無しにする意味で、「帳消し」とは異なり、金銭関係についてのみ使われる。
カテゴリ:社会