山茶花 さざんか

ツバキ科の常緑広葉樹。山地に自生するが、観賞用に栽培され、生垣などにもする。

山茶花の由来・語源

中国で、葉が茶に似ていることから「山茶」とよばれ、その花を「山茶花」とした。
日本では中世のころは「さんざか」と呼んでいたが、音位転換して現在の「さざんか」と呼ばれるようになった。

山茶花に関連する言葉

カテゴリ:自然