山椒 さんしょう

ミカン科の落葉高木。ハジカミ。雄株と雌株があり、サンショウの実が成るのは雌株のみ。

山椒の由来・語源

「椒」の字には芳しいの意があり、山の薫り高い実であることから「山椒」の名が付けられたとされる。
古くは「はじかみ(椒)」と呼ばれていたが、生姜(しょうが)のことも「はじかみ(薑)」といったために、実がなることから「なるはじかみ」、実が房状になることから「房はじかみ」とも呼んだ。
中世以降、漢名にならって「山椒」と呼ぶようになった。
カテゴリ:自然