山の神 やまのかみ

口やかましい妻のこと。

山の神の由来・語源

本来は山を守り支配する神のことで、古くから畏怖の対象とされた。山の神の多くは女性で、醜く嫉妬深いことからたとえていうもの。また、深山に住むという鬼女、山姥(やまうば)伝説にも関係があるとされる。

近年では、箱根駅伝の5区(山上りの区間)で圧倒的な快走を見せた人物を指して、「山の神」と表現する場合が多い。今井正人や柏原竜二、神野大地がその代表である。

山の神に関連する言葉

カテゴリ:人間