小田原評定 おだわらひょうじょう

いつになっても結論の出ない会議や相談。

小田原評定の由来・語源

1590年、豊臣秀吉が小田原城を攻めたとき、北条側は城中にこもる籠城か、野戦をしかけるか、和睦するかを相談したが、なかなか結論が出なかったことに由来する。
カテゴリ:社会