尋常 じんじょう

特別でなく、普通であること。また、そのさま。あたりまえ。

尋常の由来・語源

「尋」「常」ともに、長さの単位を表すもので、「尋」は「8尺」、「常」はその2倍の「1丈6尺」のこと。つまり「尋常」とは、普通の長さの意であることから転じて、普通、あたりまえの意となった。
日本ではさらに転じて、見苦しくないさま、立派であるさまをもいうようになった。時代劇などで「いざ尋常に勝負」ということばは、けなげなさま、いさぎよいさまの意である。
カテゴリ:様相