姑息 こそく

一時の間に合わせにすること。その場しのぎ。

姑息の由来・語源

「姑」は、しばらく、「息」は休息の意で、「姑息」とはしばらくの間、息をついて休むこと。
出典は古代中国の『礼記(らいき)』で、「君子の人を愛するや徳を以もってす。細人の人を愛するや姑息を以もってす(君子たる者は大義を損なわないように人を愛するが、度量の狭い者はその場をしのぐだけのやり方で人を愛するのだ)」に基づく。
一時しのぎはよくないことから、「卑怯な」という意味合いで使われる場合が多いが、本来は誤り。
カテゴリ:人間