如月 きさらぎ

旧暦の2月の異名。

如月の由来・語源

名前の由来は諸説あり、旧暦二月でもまだ寒さが残っているので、衣を更に着る月であるから「衣更着(きさらぎ)」とする説。
他には、草木の芽が張り出す月であるから「草木張月(くさきはりづき)」、前年の旧暦八月に雁が来て、更に燕が来る頃であるから「来更来(きさらぎ)」、陽気が更に来る月であるから「気更来(きさらぎ)」など。

如月に関連する言葉

カテゴリ:生活