女郎花 おみなえし

オミナエシ科の多年草。秋の七草の一つ。枝先に黄色の小花を多数傘状につける。チメグサ、敗醤(はいしょう)ともいう。

女郎花の由来・語源

歴史的仮名遣いは「をみなへし」。
「をみな」は女性のことで、古くは美人、佳人の意。「へし」は「圧(へ)す」の連用形で、美人を圧倒するほどの美しい意でこの名がついたとされる。
ちなみに、同科で白い花を咲かせる男郎花(おとこえし)は、花の色が白く地味で茎や葉は女郎花より大きく、男性的な感じがするというところからの命名。
カテゴリ:自然