奥床しい おくゆかしい

上品で慎み深く、心がひかれるさま。

奥床しいの由来・語源

本来は「その先を見たい、知りたい」という勘定を示す語で、そこから「何となく心ひかれる」意となり、さらに現代のような意味になった。
古語では「奥ゆかし」。「奥」は「先」の意。「ゆかし」は「行かし」で、心ひかれる意。「床しい」と書くのは当て字。
カテゴリ:人間