天の邪鬼 あまのじゃく

わざと人の意に逆らうような言動をする人。つむじまがり。ひねくれ者。

天の邪鬼の由来・語源

『古事記』や『日本書紀』の神話に出てくる人の心の内を探ってその意に逆らうという「天の探女(さぐめ)」という悪神に由来するという。また、仏教で人間の煩悩の象徴として仁王などの踏みつけられている悪鬼を「天邪鬼」という。
この両者が結びつき、民間伝説として天の邪鬼が広まり、現在のような意味を持つようになったと考えられている。
カテゴリ:人間