大衆 たいしゅう

多くの人々。多数のふつうの人。また、社会の大多数をしめる勤労階級の人々。民衆。

大衆の由来・語源

大衆とは、本来は仏教語で「だいしゅ」「だいず」と読み、仏教に帰依した多くの僧をいった。
天台宗では役職につかない修行僧を「大衆(だいしゅ)」と呼ぶようになってから、天台座主(ざす)ら高僧に支配された僧の意味合いが生じ、現在の大衆の語源となったとされる。

大衆に関連する言葉

カテゴリ:政治・経済