大上段に構える だいじょうだんにかまえる

相手に対して上からものを言うような、威圧的な態度を取ること。

大上段に構えるの由来・語源

「大上段」は剣道で、竹刀を頭上高く振りかぶり、相手を威圧する構えのことで、上段の構えを強調していう言葉。その構えの様子jから、比喩的に人の態度についても用いられるようになった。
カテゴリ:スポーツ