ゆめ

睡眠中に、あたかも現実の経験であるかのように感じる、一連の観念や心像のこと。また、将来実現させたいと思っている事柄。はかないこと、たよりないこと。

夢の由来・語源

本来の語形は「寝目(いめ)」で、「寝(い)」は睡眠のこと、「目(め)」は見えるもの、ありさまの意。
中古以降「ゆめ」に転じ。比喩的にも用いられて「はかなさ」などのの意味も示すようになった。ただし、「夢を抱く」のような将来の希望を示す用法は近代になってからである。
カテゴリ:人間