外道 げどう

仏教の信者からみて、仏教以外の教え。また、その教えを信仰する人。

外道の由来・語源

仏教のことを仏教語で「内道(ないどう)」と言うことから、異端の教えを信じる道という意味で「外道」と言うようになったもの。「異教」がおもにキリスト教者の側からの語であるのに対し、「外道」は仏教者の立場からの語。
近世以降に一般化し、悪魔や化け物、さらには釣りで狙った種類以外に釣れた魚を言うようにもなった。
カテゴリ:文化