土筆 つくし

早春にでるスギナの地下茎からでる胞子茎のこと。食用にもされる。筆頭菜(ひっとうさい)。つくしんぼ。

土筆の由来・語源

古くは「つくづくし」といい、「つくし」はそれを略したもの。「つく」は「突く」で、地面から突き出ることからとされる。
また、その形が航行する船に水脈を知らせるために立てる杭「みおつくし(澪標)」に似ているところからこの名があるとする説もある。
地面に筆を立てたように見えることから「土筆」と当てて書く。
カテゴリ:自然