因果 いんが

原因と結果。また、その関係。

因果の由来・語源

もとは仏教語で、サンスクリット語hetu-phalaの漢訳。前に行った善悪の行為が、それに対応した結果となって現れるとする考え。因果応報とも。
一般的には悪因悪果をさす場合が多く、悪行の向きなどや、さらに不幸・不運の意でも使われる。
「因果を含める」は本来は原因結果の道理を説くことだが、転じてあきらめさせる意になった。

因果に関連する言葉

カテゴリ:社会