四天王 してんのう

ある分野で最もすぐれた4人。のこと

四天王の由来・語源

本来仏教で、帝釈天(たいしゃくてん)に使える四神、持国天(じこくてん)、増長天(ぞうちょうてん)、広目天(たもんてん)、多聞天(たもんてん:別名で毘沙門天)のこと。転じて、その道に最も秀でた四人の総称として用いられるようになった。それぞれ東、南、西、北の方位を守護しているとされる。
カテゴリ:人間