問屋 とんや

生産者から商品を仕入れて、小売業者に卸売りする商店。

問屋の由来・語源

平安時代末期、荘園領主の命を受け、港湾などに居住して、主に年貢米の輸送や保管、船の手配などをする人を「問職(といしき)」といった。
鎌倉・室町時代になると専業化し、中継ぎ取引や船商人への宿所の手配などもする「問丸(といまる)」へと発展。さらに陸上輸送なども行うようになると「丸」が「屋」となり、「問屋(といや)」と呼ばれるようになった。江戸時代になり、「問屋(とんや)」と音変化した。

問屋に関連する言葉

カテゴリ:政治・経済