商標 しょうひょう

事業者が商品につける、独自の文字や記号の標識。商標法に基づき登録すると、排他的、独占的にその使用が認められる商標権が発生する。

商標の由来・語源

英語trademarkの訳語。1884年(明治17年)、農商務省内に商標登録所が設けられ、商標条例が公布され「商標」の語が一般に広がった。
カテゴリ:政治・経済