含羞草 おじぎそう

マメ科の一年草。ブラジル原産で、日本には江戸末期に渡来。別名ネムリグサ(眠り草)。

含羞草の由来・語源

手で触れると、葉が次々と合わさって、葉柄がお辞儀をするように垂れるところからその名がついた。
その様子が、いかにも恥ずかしげに見えることから、漢字では「含羞草」と当てて書く。
カテゴリ:自然