口火を切る くちびをきる

真っ先に物事を始める。きっかけを作る。

口火を切るの由来・語源

「口火」は火縄銃の火蓋に用いる火、また、爆薬を爆発させるためにつける火のこと。「口火を切る」はその火を点火することで、小さな火が大きな力を発揮するきっかけとなることからたとえていう。

口火を切るに関連する言葉

カテゴリ:社会