厄介 やっかい

面倒なこと。手数がかかり、やっかいなこと。世話になること。他家に寄食すること。

厄介の由来・語源

面倒を見たり世話になったりする意味で古くから使われ、語源は、「家に居る」意を表す「やか(家)+い(居)」が転じたものとされる。
江戸時代になると食客・居候の意も生じ、「苦しみ(厄)を助ける(介)」意を表す「厄介」の字が当てられるようになった。明治以降、「厄介な問題」などのように、面倒な様子を表す用法も生まれた。
カテゴリ:様相