剣が峰 けんがみね

絶体絶命のぎりぎりの状態。物事の成否の決まる瀬戸際

剣が峰の由来・語源

「剣が峰」とは、火山の噴火口の周縁が原義であり、特に富士山の山頂を指す名称でもあった。
今にも落ちそうな険しいところを、どうにか踏みこたえることができるかどうかの状態をさすところから、比喩的に、ぎりぎりに追い詰められて少しの余裕もないことを表すようになった。
相撲で土俵の円周を作る俵の上面を「剣が峰」というのも、俵が体が残るか否かの境目であることにちなむ。
カテゴリ:社会