出藍の誉れ しゅつらんのほまれ

弟子が師よりもすぐれた才能をあらわすたとえ。

出藍の誉れの由来・語源

孟子(もうし)と同じく戦国時代の思想家で、孟子の「性善説」にたいして「性悪説」を主張した荀子(じゅんし)の次の有名な文章から生まれた言葉。
「学はもって已(や)むべからず。青は藍(あい)より取りて、藍よりも青く、氷は水これをなして、水よりも寒(つめた)し」
学問というのはとどまるところのないものだから、決しておこたることがあってはならない。学問の基礎をつくってくれた師とりもはるかに深い学問を築いた弟子も現れるものだ、と戒めた言葉。
青色の染料は藍から取るものだが、もとの藍の葉より青くなることからいうもので、そこから「青は藍より出でて藍より青し」と言った。この句を簡約して、「出藍」とか「出藍の誉れ」と言うようになった。
カテゴリ:人間