備長炭 びんちょうたん

和歌山県熊野地方から産出される炭。ウバメガシなどのカシを材料にして作られる。火勢が強く、炎も出ず、灰も出ないことから最上の炭とされる。

備長炭の由来・語源

江戸時代、紀伊国田辺の商人備中屋(びっちゅうや)長左衛門が江戸に出荷して、うなぎ屋などで使われて評判となり、屋号から「備長炭」と名づけた。「びんちょうずみ」ともいう。

備長炭に関連する言葉

カテゴリ:生活