伸るか反るか のるかそるか

成功するかどうかはわからないが、運を天に任せて、思い切ってやってみること。一か八か。

伸るか反るかの由来・語源

もとは、矢作りの用語。
矢柄は細い竹で作るが、太さが均等でまっすぐでないと、思う方向に飛ばない。そこで、伐り出した竹を型にはめて矯正し、乾燥させるが、竹がまっすぐに伸びているか反ったままか、使い物になるかならないかは、型から取り出すまでわからない。そこから、一か八かの意味が生じたもの。
また一説には、博打の用語で、勝つか負けるかの意味で「乗るか逸(そ)るか」といったことからともされる。

伸るか反るかに関連する言葉

カテゴリ:社会