五十歩百歩

似たり寄ったりでほとんど差がないこと。本質的には変わらないこと。

五十歩百歩の由来・語源

孟子が戦争好きの梁(りょう)の恵王に、戦場で50歩逃げた者が、100歩逃げた者を臆病だとあざけり笑ったが、どう思うか尋ねたところ、王はどちらも逃げたことにかわらないと答えたという、『孟子』にある故事にちなむ。
カテゴリ:人間