二股膏薬 ふたまたごうやく

自分の都合のよいように、状況次第で立場や態度などを変えること。また、そういう定見・節操のない人のこと。

二股膏薬の由来・語源

股の内側に貼った膏薬(こうやく)は、左右のももにくっついたり離れたりすることからのたとえ。「内股膏薬」ともいう。
カテゴリ:人間