事切れる こときれる

息が絶える。死ぬ。

事切れるの由来・語源

古語では「こときる」といい、平安後期ごろに現れて「物事が終わる」の意を表した。鎌倉時代に入ると人についても使うようになり、「息が絶える」の意が派生した。
「縡切れる」とも書かれるが、「縡」は当て字で、本来「生命」の意味はない。
カテゴリ:様相