おつ

「しゃれている」とか「気の利いた」という意味で使われる。

乙の由来・語源

もとは邦楽で、高い音域の音の「甲(かん)」より一段低い音のこと。甲に比べて落ち着きや渋みがあることからたとえていう。

乙に関連する言葉

カテゴリ:音楽