三面記事 さんめんきじ

新聞の社会面の記事のこと。

三面記事の由来・語源

日刊新聞が生まれたころの明治時代では、「大新聞」と「小新聞」という区別があり、大新聞は紙面が大きく、知識人やエリート向けであるのに対して、小新聞は紙面が小さく、大衆向けであった。
その小新聞は全4ページで、3ページ目つまり三面には社会の雑多な事件などを扱った記事を載せたことから、一般に新聞の社会面の記事を三面記事と呼ぶようになった。
カテゴリ:社会