三日天下 みっかてんか

権力を握っている期間が、きわめて短いこと。

三日天下の由来・語源

戦国時代、明智光秀が本能寺で織田信長を討って天下をとったが、十数日で豊臣秀吉に討たれたことにちなむ。「三日」というのはごく短い期間のたとえにいうもの。

三日天下に関連する言葉

カテゴリ:社会